>> 個人情報保護方針

慢性腎不全

E.R.D.-HealthScreen

慢性腎不全は老齢の動物に起こりやすく、たくさん水を飲みたくさんオシッコをするのが典型的な症状です。

この時点で腎臓はその機能の75%以上を失っています。腎臓には余力があるのでなかなか症状が表れず、表面化したときには病気が進んでしまっているのが現状です。

それでは定期検診をして腎臓機能をチェックしていれば大丈夫かというと、そういうわけにもいかないのです。血液検査で異常値が検出されたときには、もうすでにかなり腎機能が失われているからです。

ですから、定期検診で血液検査の結果「腎臓には異常はありませんでしたよ」といわれても、決して安心はできません。それではどうしたら、慢性腎不全の兆候をつかめるのでしょうか。

現在、実用的でもっとも優れた方法と考えられているのが、尿中の微量アルブミンを検出する方法です。これにより初期の腎臓の異常をとらえることができるようになりました。もしあなたのペットがこの検査の結果、陽性だったら早めに治療を開始しすることをお勧めします。

療法食と投薬によって生き残っている腎の機能を保護し、腎不全の進行を遅らせることが可能です。7歳を過ぎたペットは何よりもこの検査をお勧めします。

ナカムラ動物病院で実施している治療法や手術法のご紹介

アレルギー性皮膚炎猫の口内炎慢性腎不全避妊・去勢手術歯石除去家具傷つけ防止手術