>> 個人情報保護方針

猫の家具傷つけ防止手術

猫

猫が家具や壁・柱を傷つけてしまうのを防ぐには、外科的方法として一般的に抜爪術と呼ばれる、爪を根元から切断してその後生えてこないようにしてしまう方法がとられます。

これは飼い主さんにはもちろんのこと獣医師にとっても、手術後の痛みや出血を考えると実施するのに抵抗がある手術といえるでしょう。しかし、飼い主さんと愛猫のストレスのない関係や、同居の方との良い関係を維持するために、どうしてもしなければならない場合があります。

当院では、飼い主さんの手術に対する抵抗感をいくらかでも少なくするために、爪を残す手術法を採用しています。猫はふつう爪を閉って生活していますが、必要なときには爪の根元に付着した筋肉を収縮して爪を出します、したがって爪の根元でこの筋肉を切断してしまえば爪を出すことができなくなります。

この手術では前足の各指の裏側に5mm程度の切開を必要としますので、歩くときに傷口が動くため多少出血しますが、だいたい1日で出血は止まります。抜爪術のように包帯をぐるぐる巻きにして止血する必要はありませんので、あまり痛々しい感じはないと思います。

爪は温存されますが、爪に力が入らないので爪研ぎをしても家具を傷つけることはありません。ただし、爪が伸びすぎた時には爪切りが必要です。

ナカムラ動物病院で実施している治療法や手術法のご紹介

アレルギー性皮膚炎猫の口内炎慢性腎不全避妊・去勢手術歯石除去家具傷つけ防止手術